· 

創立15周年記念 『 沙羅舎祭 』ー新たな文明のはじまりに ー

2016.9.10(土)〜11(日)

創立15周年記念 『 沙羅舎祭 』ー新たな文明のはじまりに ー

http://www.sarasya.com

 

15周年を記念し、ご縁のある豪華ゲストをお招きしたスペシャルイベントを開催。

トーク、音楽、ダンス、映画、ワークショップ、マルシェ…様々なジャンルのプログラムをお楽しみください!

 

【場所】沙羅舎

〒181-0013 三鷹市下連雀3-1-24

JR三鷹駅南口から徒歩5分

 

【料金】

10日通し...2,500円/11日通し...3,000円/2日間通し...4,500円

お食事会…2,500円

※1プログラムのみの参加もOK!(各1,500円) 途中参加もお気軽に♪

 

【お問い合わせ・お申し込み】

TEL 0422-41-8617(1Fカフェ心泉茶苑) 

MAIL info@sarasya.com

 

 

【プログラム】

 

◇9/10(土)

 

[隣接シェアハウス 弐番館]

10:00 マルシェ in 弐番館 ☆マルシェ入場無料!

 

馬のブラッシング体験、アフリカ楽器「アサラト」ワークショップ、「SAORI織」体験、竹灯籠づくり、販売会 など

 

 

[B1F スタジオ舞遊空間]

14:30 講演『生命平和な東アジア』(講師:正木 高志)

 

16:00 トークセッション〜新たな文明のはじまりに〜(対談 : 正木 高志 / 加藤 大吾 / 朱 惠雯 ナビゲーター : 小川 百合子)

 

17:30 『ありがとうの歌』(出演 : おかざわ ゆめこ)

 

18:00 『ヴェーダの祈り〜詩と音楽とダンスの饗宴〜』(出演 : 抱一(詩)/ 新屋 賀子(ピアノ)/ 片岡 通人(ダンス))

 

 

[1F カフェ心泉茶苑]

19:15 お食事会 (ベジ料理とパティシエのデザート&ドリンク付)

 

 

◇9/11(日)

 

[B1F スタジオ舞遊空間]

11:00 ドキュメンタリー映画上映会 

   『つ・む・ぐ ~織人は風の道をゆく~』 (監督スピーチ:吉岡 敏朗)

 

13:00 休憩 

 

14:00 ワークショップ ↓下記のいずれかにご参加ください。

 

[B1F スタジオ舞遊空間]

  <食>講演『からだと地球を癒し育てる食』(講師:大友 映男)

 

[隣接シェアハウス 弐番館]

  <衣>『SAORI織』体験(講師:外囿 敦美)

 

[2F 和室]

  <身>ヨーガ体験(講師:抱一)

 

 

[B1F スタジオ舞遊空間]

16:30 『ヴェーダの祈り〜詩と音楽とダンスの饗宴〜』(出演 : 抱一(詩)/ 新屋 賀子(ピアノ)/ 片岡 通人(ダンス))

 

 

[1F カフェ心泉茶苑]

18:00 お食事会 (ベジ料理とパティシエのデザート&ドリンク付)

 

詳細は画像をご覧ください!

 

 

.

 

<沙羅舎祭 2016> 〜出演者プロフィール〜

 

*片岡 通人

[ 沙羅舎オーナー/「舞遊空間」主宰/舞踊家 ]

1967年よりダンサーとして数々の舞台に立つと同時に、1977年より舞踊作家として活動を始める。

1979年、文化庁在外派遣研修員としてインド、アメリカ、に留学。

アメリカ公演やユーゴスラビアの バレエ団に作品を振付など、国際的に活躍。

1983年 埼玉国際創作舞踊コンクール大賞受賞。舞遊空間主宰。

ヨーガ、気功、古神道、古武道などをバックボーンに独創的な活動を展開している。 

 

.

 

*正木 高志

[ 森林ボランティア「森の声」代表/憲法9条をまもる巡礼「ウォーク9」主宰 ]

1945年生まれ。60年代からインドを遍歴。80年に阿蘇で帰農。

アンナプルナ農園をひらく。2000年から植林活動をはじめ、森を育てながら森に抱かれて暮らしている。

2014年から「ふくしま文庫プロジェクト」をスタート。

【著書】『木を植えましょう』『出アメリカ記』『蝶文明』『空とぶブッダ』など

【CD】『grounding songs』

 

.

 

*加藤 大吾

[ 農家/環境教育者/企業研修講師/大学非常勤講師 ]

1973年生まれ。幼少から青年期を東京で暮らす。2001年NPO職員を退職して独立し、環境教育事業所「アースコンシャス」を設立。

事業の挫折などを経て東京に帰るが、東京の暮らしに疑問を感じ、やるべき事と居るべき場所を求めて家族で土地を探しはじめる。

2005年に愛・地球博にて森の自然学校・里の自然学校チーフなどを務めながら、

山梨県都留市に山林を購入し友人たちと開拓、セルフビルドの国産丸太小屋に移住。

多彩な分野を持ちながら妻と4人の子どもと40羽のニワトリと4頭の綿羊と農耕馬に囲まれ、田んぼや畑を耕作し、生態系の中で暮らす。

2010年「NPO法人都留環境フォーラム」設立、以降代表理事を務める。環境配慮した地域作りを開始。

在来野菜のタネの保存活動、馬で田畑を耕す技術の伝承活動など多肢に渡る社会問題への活動を展開する。

現在では日本が先進国になる過程での学びや文化、自らの暮らしぶりを途上国に伝えることで平和と幸せ感に貢献することに力を注ぐ。

2012年 毎日新聞農業記録賞優秀賞受賞/2013年 生物多様性大賞審査員賞受賞

【著書1】『地球に暮らそう〜生態系の中に生きるという選択肢〜』(旅と冒険社)【著書2】『やりたいことやってみた』(里創社)

 

.

 

*朱 惠雯(しゅ けいぶん)

[ 日中市民社會ネットワーク 事務局長/「東アジア地球市民村」主催 ]

上海出身、三鷹在住。2001年来日。

ICU大学院在学中の時からNPO活動をはじめ、2010年、仲間と「日中市民社会ネットワーク」を立ち上げ、

環境・高齢者・災害支援などの分野において、日中間で視察、研修、キャンプ、イベントを企画・実施し、民間の交流・連携を促進する。

2014年から毎年、環境・平和イベント「東アジア地球市民村」を上海で開催。

 

.

 

*おかざわ ゆめこ(岡澤 優明子)

[ エネルギーアーティスト ]

1949年生まれ。静岡県在住。三つ子の母。

1995年頃から不思議体験が始まり、幾多の困難な体験こそが大きな祝福であったことを知る・・。

各地で開かれているお話し会は、20年に及び2000回を超える。

 

.

 

*抱一(ほういつ)

[ ヨーガ講師 ]

栃木県生まれ。演劇やダンスの基礎訓練としてヨーガ訓練法と出会う。

病弱だった自分の身体がヨーガの実習によりみるみる健康となり、感覚や心が開放される体験を通じ、ヨーガに魅了される。

1984年始めてインドを訪れ、インドの僧侶たちから直接ヨーガ訓練法と哲学を学ぶ。

1985年より東京にてヨーガの指導を開始。

インドを毎年訪れ、「シヴァナンダ・アシュラム」「ビハールスクール・オブ・ヨーガ 」

「クリシュナマーチャーリア・ヨーガマンデラム」「ラーマクリシュナミツション」などでヨーガの訓練法 と哲学を研鑽する。

 

.

 

*新屋 賀子(しんや よりこ)

[ ピアニスト/シンガーソングライター/臨床心理士 ]

私にとって音とは心を満たす光であり、この世界は素晴らしいと理屈抜きで信じられる、そして様々な人たちと一瞬でつながりあえる魔法の扉。

この宇宙にさまざまに響きあう美しいいのちの音楽に耳を澄ませながら音を奏でていきたいと思っています。

活動歴: ミニアルバム『Blessing Your Life』 2ndアルバム『The Grace』

片岡通人ダンスパフォーマンス、劇団どろんこ座とのコラボレーション、空豆ダンスカンパニー『ヨミの星』出演等のライブ活動のほか、

ウェブサイト映像図書館『KISANA LINES』、舞道家 柳元美香氏の『観音舞』への楽曲提供などを行う。

今秋 サントリーホール30周年記念事業『祝水』出演予定。

体に働きかける音の作用を重視し、ヨガやボディワーク等とのコラボレーション多数。

現在、フルート、ギター、パーカッションの4人編成である「ネコヤナギ楽団」、

バイオリン、ウッドベースの「メルヘントリオ」を結成し活動するほか、民謡、絵本とのコラボレーションや、様々な形態で活動中。

ピアノ、歌ともに「心地よく、繰り返し聴いても疲れない」との定評がある。 公式サイト http://pianoheart.jimdo.com

 

.

 

*吉岡 敏朗

[ 映画監督/映像作家 ]

1956年島根県生まれ。日本大学芸術学部で映画演出を学ぶ。

卒業後は映画、テレビ番組、ドキュメンタリー、CM、PRビデオ、博物館用映像等、様々な映像作品を監督・製作する。

「つ・む・ぐ」は、彼の作品中、最も上映時間の長い、そして最も撮影期間が長期にわたった作品である。

【主要作品】

「飛龍山」1981年 カルロビバリ映画祭(CILECT) 優秀賞 ヴェネツィア映画祭 招待参加 ツール映画祭 シネクラブ賞

「Human Mind -日本IBM-」1990年 日本産業映画コンクール 奨励賞

「鉄人たちよ熱くなれ!-上海宝山製鉄所-」1992年 日本企業映像フェスタ 入選

「八束歳時記 -中海に浮かぶ島の記憶-」2005年 八束町閉町式にて記念上映

「0系1964-2008 THE SHINKANSEN SERIES-0」2008年

「鉄道の記憶 -萩原政男8mmフィルムアーカイヴス-」2009年

「昨日まで世界になかったものを。Creating for Tomorrow -AsahiKASEI-」2010年

「笑顔の道しるべ -平田大一と南会津の子どもたち-」2011年 文部科学省選定作品

 

.

 

*大友 映男

[「やさい村」店主/手技・太極拳 講師 ]

1978年 アメリカインデアンムーブメント「ザ・ロンゲストウオーク」日本支援委員会代表として渡米。

19歳の頃、命と食の大切さに目覚め以来命と食にかかわる様々なエコロジーの融合を目指して活動を重ねる。

現在は三鷹市で「やさい村」(無農薬野菜&自然食品店)を経営し、健全な食材を家庭や学校に提供し続けている。

講師として、太極拳、手技療法、断食の指導も行っている。「いのち」をテーマに幅広い活動を展開中。

 

.

 

*外囿 敦美

[ 糸を彩る人 ]

子育てを終わった頃に出会ったサヲリ織りに綺麗な色に癒され自分で布を織れる喜びを知り、その自分の織った物を使い服や小物を作る喜びへと発展し、

最近ではタンスの肥やしになっている浴衣や着物ををリメイクする事にも手を伸ばしています。

又、全く違う業種ですが会社としては良質な北欧デザイン住宅「ランタサルミ」というログハウスの設計、販売もしています。

 

.

 

*小川 百合子

[ 沙羅舎オーナー/弐番館オーナー/糖尿病専門医/医学博士 ]

内科医としての臨床で病まないための生き方を提案する場が必要と実感し、

2001年に夫(片岡通人)と共に癒しと創造と学びの場としての沙羅舎を設立。

以後沢山の素晴らしい出会いに恵まれ、来訪者と共に感動の時を楽しんでいる。