· 

『踏んで踏まれて、楽しい楽健法』

6月のいのちの学校

『踏んで踏まれて、楽しい楽健法』

 

------------------

「二人ヨーガ楽健法」は奈良県桜井市 東光寺住職の「山内宥厳」師考案の健康法です。顔や頭、お腹を除く全身を「足」で踏みほぐすことで、筋肉のバランスを整え血液循環を良くし、リンパの流れや気の流れを整えます。

 

足の裏には人間の健康を司る大切なツボ、反射区があります。足を踏む人も踏まれる人も元気になります。

 

私が楽健法を教わったとき「なんて気持ちが良いのでしょう!」と感激したことが昨日の事のように思い出されます。

 

楽健法は大地と接する大切な足で、他人の健康を願って施す「布施の行」であると宥厳師は仰います。

 

「医者に頼らず生きる術」楽健法を、この少子・超高齢者社会に役立てて行きたいと願っています。

------------------

 

【講師】子松 志乃子

新潟県小千谷市生まれ。30歳でヨガと書道を学び始め、シャンティヨガクラブインストラクターとして活躍。45歳で楽健法に出会い、楽健法セラピストとして活動しながら楽健法奥伝を取得。また、この10年間は温熱療法も取り入れ、現在は講師として活動している。

 

【日時】2018年6月30日(土) 16:00~18:00

 

【料金】¥2,000(食事会参加 +¥2,500)

 

【場所】沙羅舎 B1Fスタジオ「舞遊空間」

 

【アクセス】

JR三鷹駅南口から井の頭公園方面へ玉川上水沿いに徒歩5分

 

▼Google Maps

https://goo.gl/maps/ypyyEPXMCzH2

 

【予約・申込】

TEL 0422-41-8617(代表・心泉茶苑)

MAIL info@sarasya.com