いのちの学校

いのちの学校 · 2019/11/23
こちらのイベントは都合により中止となりました。 ご参加予定でした皆様、興味を持ってくださった皆様には誠に申し訳ございません。 何卒よろしくお願いいたします。

いのちの学校 · 2019/11/22
探検家で文化人類学者で医師で写真家であられる関野吉晴さん( http://www.sekino.info/ )のトークイベントです。 講演後はお食事会もあります!

いのちの学校 · 2019/10/20
世の中は、見える世界と見えない世界で成り立っている。ヨーガ講師・抱一氏が語る、人間、生活、世界のシアワセな有り様とは?
いのちの学校 · 2019/07/27
7月のいのちの学校は、田端 優子さんをお招きしてライブペインティングを行います。生演奏の音楽とともに、心のまま描きましょう。

いのちの学校 · 2019/05/25
自分らしく生きよう、自分を成長させたい、夢に向かって生きよう わたしたちの中にある向上性 ありたい自分の姿があって、それに向かって伸びていこうとする それは、種のようなものと言ってもいいかもしれません。 種なら、大地と太陽と天象の恵が必要なように あなたの向上性を育む重要なステップは、暮らしを見直してみることです。 暮らしは土台、種にとって大地のようなもの。 時間の使い方、環境の整え、快適な物とその量、有益な情報の質と量 そしてなによりあなたがどれだけ自分のことを知っているかということ。 どんなときに疲労を感じ、どんなことをしたらリカバリーされるのか どんなことは苦手で、何に対しては創造力があらわれるのか 自分からのサインを見逃さないこと… 質問にそって応えていきながら、自分を優しく見つめ、自分のための 1日、1週間、ひと月の、理想の暮らしをリデザインしていきます。

いのちの学校 · 2019/04/20
数十年前まで私たちの暮らしと切っても切れない関係にあった森林。 しかし木造住宅が減り薪や炭を使わなくなった今では、木材の需要が減り森が荒れてきました。 花粉症が問題になっているように、戦後に植えたたくさんの針葉樹も活用できていません。 木々は少子高齢化状態にあり、手入れされない森はさらに荒れていきます。 そこでこれからはどのような森づくりをしていくべきか。私たちにできることは何か。 森林資源の活用推進と持続可能な地域社会の実現を進めている大場氏にお話していただきます。 日本の豊かな生活の源は森にあります。それを実感する機会になるかと思います。

いのちの学校 · 2019/03/30
ヨーガには身体を健康にするための生理学的部門と、心を平和にして健康にするための心理学的部門があります。今回のいのちの学校では、身体と心をともに健康にするためのヨーガの二つの部門の実践法を御紹介する講座です。 身体を健康にするヨーガは、インドではハタ・ヨーガ(月と太陽の調和)と呼ばれ、ヨーガの身体訓練によって生理的な健康、中枢神経系(脳と脊髄)、末梢神経系である植物神経系(自立神経)と動物神経系(意思による身体運動)、内分泌腺や免疫系の本来の健全な生命力を蘇生させ保持することを目的としています。 心を健康にするヨーガは瞑想と呼ばれ、心の活動を静寂にして集中させ、生命の真の意味や価値を発見して、光に満ちた人生を創造的に生きることを目的としています。

いのちの学校 · 2019/01/27
人というのは千差万別で、有意義で円滑なコミュニケーションのために画一的な手法を用いることは不可能です。けれども人の経験や性格などを分析し、その人の得意分野や苦手なことを推測することができれば、仕事や活動におけるコミュニケーションの先読みが可能となります。つまり「人の分析」ができることは、自分自身の成長のベクトルを考える際の材料になります。今回のワークショップでは、4つのタイプの中から自分と他者のタイプを知る技術の習得を目指します。

いのちの学校 · 2018/11/11
長寿の島・奄美で日常的に飲用されている「ミキ」は、健康に良く、そんなミキを作り広めている自然料理家・田町まさよさん。田町さんご自身のお話や、ミキに込める想いを語っていただきながら、ミキの作り方を教えていただきます。

いのちの学校 · 2018/10/27
モノを大切に使い、手作りする暮らしは豊かで愉しそう。 自然の恵みを活かして暮らす知恵や技術を身につけて、自然と仲良く暮らす工夫をしたい。 そんな思いで本を手に試してみるけど、なかなかやりきれない…ということはありませんか? 今回は手前味噌の一歩手前。手前麹を仕込みます。

さらに表示する