癒しと創造のスペース 沙羅舎

top_sarasya.png

ページの先頭へ



次回『いのちの学校』開催のお知らせ

2017年4月22日(土)


◆『いまこそ、市民の力で国境を超えてつながりを!』
 〜東アジア地球市民村2017in藤野・プレイベント〜


◎東アジアの人々が地域を越え、交流し学びあい、国を超えた地球市民としてのつながりを創り、未来へつなぐことが今必要とされています。
「つながり」とは、隣国や他国の市民や環境、文化とのつながり。
時間を超えた過去や未来とのつながりです。このつながりを取り戻し創造することで、自分自身の暮らしの現在地が認識できます。
そして地球に生きているという意識や感覚を得ることができます。

私たちはこれを「地球市民意識」と呼びます。
私たちは国境を越えて地球のための国際化という「地球市民意識」へ変容(マインドシフト)していく必要があります。

そこで、私たちは一つのきっかけとして「東アジア」という生活様式や自然に対する自然観などが近しい地域をベースとした「東アジア地球市民村」という国を超えた仮想の村(コミュニティ)を立ち上げました。
この村では参加した村民一人一人が自然から享受し蓄えてきた英知、文化、伝統、芸術、そして、環境と密接に関わる暮らしやその生活技術を共有し、地球市民意識を醸成しています。

これまで、開催会場は中国上海を中心に開催してきました。

今年の開催地は日本の環境市民活動の最先端の町、神奈川県相模原市の藤野です。里山文化が残り芸術の町でもあります。
この藤野の町で、各地域、一人一人の活動事例の共有や様々なテーマの対話、体験を通して、あなたの地域で一歩を踏み出すヒントや、仲間と出会い、新しいチャレンジへのエネルギーを得ることができるでしょう。

いままでの東アジア地球市民村を知りたい方やこれからの初日本開催に関わりたい方、そして純粋に東アジアのミュージシャンたちの共演を楽しむ方も、ぜひ沙羅舎で集まりましょう~~



2017inochi_0422.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック



<内容> ●報告:東アジア地球市民村の取り組み ●トーク:藤野大会に向かって
●音楽セッション:アースピープル   ●特別出演:陳志鵬(雲南大理・ミュージシャン)



【日 時】4月22日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:30頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】報告&トーク・音楽 :¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェ「心泉茶苑」よりお入りください。



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ






『いのちの学校』で開催されたイベント

2017年3月25日(土)


◆エコトーク&ミニ発電ワークショップ
『フジイチカコさんの楽しいオフグリッドライフ』

【講師:フジイ チカコ】
◎電力会社と契約解除、ソーラーパネルとサイクル発電機で電気代いらずの暮らしをしているフジイチカコさん。
「ソーラー女子」として話題になり、その生活を描いたコミックも出版されました。

今回はそんなチカコさんにお話を伺い、ソーラーパネルを組み立てるワークショップも行っていただきます。
チカコさんの世界に触れ、体験し、より豊かな生活に繋げていきましょう!

※オフグリッド…電力会社の送電網を使わずに電気を自給するシステムのこと。


2017inochi_0325.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック



【日 時】3月25日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】エコトーク&ミニ発電ワークショップ:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェ「心泉茶苑」よりお入りください。

fujiishikako.jpg <フジイ チカコ>
北海道生まれ。2011年の東日本大震災の原発事故と計画停電をきっかけに節電に嵌り、東京の自宅でソーラー発電を試しはじめ、2012年9月、ついに電力会社との契約を解約、電気代0円生活を送りはじめる。自宅では、ソーラーパネル、発電エアロバイク、ソーラークッカー、ソーラーライト、炭アイロンなどを使用。2014年には第二種電気工事士の資格を取得。取材も多岐にわたり、朝ズバ!、やじうまテレビ、緑ノコトノハ、羽鳥慎一モーニングショー、朝日新聞、毎日新聞、ジャパンタイムズ、週刊女性など多数。本職は、染織作家。



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ






2017年2月26日(日)


片岡通人ダンスパフォーマンス『 舞 ふ さ う 』
☆片岡通人 バースデー公演!
【出演:片岡 通人/音楽:真砂 秀朗/照明:五十嵐 正夫】




2017inochi_0226.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック



【日 時】2月26日(日) 開場15:30 開演16:00〜18:00頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】公演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェ「心泉茶苑」よりお入りください。



<片岡 通人(かたおか みちと)
沙羅舎オーナー、「舞遊空間」主宰、舞踊家。1967年よりダンサーとして数々の舞台に立つと同時に、1977年より舞踊作家として活動を始める。 1979年、文化庁在外派遣研修員としてインド、アメリカ、に留学。 アメリカ公演やユーゴスラビアの バレエ団に作品を振付など、国際的に活躍。 1983年 埼玉国際創作舞踊コンクール大賞受賞。舞遊空間主宰。 ヨーガ、気功、古神道、古武道などをバックボーンに独創的な活動を展開している。



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ





『 人類の理想 』〜近代インドの聖人 オーロビンドの教え〜

2017年1月28日(土)

2017inochi_0128.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


新年最初の「いのちの学校」では、近代インドの聖人 オーロビンド・ゴーシュの教えをご紹介します。
その主題は「人類の理想」です。
地球46億年の歴史の中での生命史40億年、人類史700万年、 この地球上での生命活動がどうなるかは現在のところ人類が主役であり、 人類は地球の生命活動全体の未来に大きな責任を担っています。
2017年最初の「いのちの学校」で、人類が目指す理想とは何かを、 インドの聖人オーロビンドの教えをヒントに参加者全員で考えてみましょう。


◎講師:抱一


【日 程】2017年1月28日(土) 
【時 間】開場 16:30 開講 17:00〜
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 2F 和室「こころとからだ塾」
 ※外階段よりお上がりください。左の扉を入って奥右手の襖よりお入りください。


<講師プロフィール:抱一>
栃木県生まれ。演劇やダンスの基礎訓練としてヨーガ訓練法と出会う。病弱だった自分の身体がヨーガの実習によりみるみる健康となり、感覚や心が開放される体験を通じ、ヨーガに魅了される。1984年初めてインドを訪れ、インドの僧侶たちから直接ヨーガ訓練法と哲学を学ぶ。1985年より東京にてヨーガの指導を開始。インドを毎年訪れ、「シヴァナンダ・アシュラム」「ビハールスクール・オブ・ヨーガ 」「クリシュナマーチャー リア・ヨーガマンデラム」「ラーマクリシュナミツション」などでヨーガの訓練法 と哲学を研鑽する。

【オーロビンド・ゴーシュ】
近代インドの著名な聖人の一人であるオーロビンド・ゴーシュ(1872~1950)は、当時インドの首都であったカルカッタ(コルカタ)に誕生し、医者であった父の勧めにより7歳から21歳まで長期間イギリスに留学し、ラテン文学、ギリシャ文学、イギリス文学、歴史を学びました。当時イギリスに支配されていたインドへの疑問を持ったオーロビンドは、インド独立のために働くことを14歳のときに決意しました。21歳のときインドに帰国し、グジャラート州のバローダ王国のマハラージャ(国王)の政務官として働きましたが、28歳のころからインドの独立運動を組織し、34歳のときに独立運動の本拠地カルカッタに赴き、「革命家協会」という過激な地下組織を組織して官権に逮捕され刑務所に拘留されました。獄中でインド聖典「バガヴァッド・ギーター(神の歌)」や「ウパニシャッド(奥義書)」を読み精神世界に開眼し、独自にヨーガの修行を実践して高度な精神性に目覚めました。オーロビンドは自身が目覚めた精神性に基づく共同体を南インドのポンディシェリで開始し、オーロビルという地球上での理想郷作りに生涯を捧げました。オーロビルの建設は現在も進行中です。


*FBイベントページはコチラ





年末恒例ダンスパフォーマンスイベント 【 忘年(齢)会 2016 】
2016年12月28日(水)

bounenreikai2016.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


60代、70代、80代の現役舞踊家が舞い踊る! 踊って年忘れ、齢忘れ。
今年を締めくくる、輝く生命の祭典! ダンス パフォーマンス ボウネンカイ!!


出演:青木 建/アキオ キムラ/池内 新子/池田 素子/桐山 良子/
   神 雄二/藤里 照子/真島 恵理/片岡 通人

照明:五十嵐 正夫
音響:スタジオY.s


【日 程】2016年12月28日(水) 
【時 間】開場 16:30 開演 17:00〜
【会 場】沙羅舎 B1F
    JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
【参加費】¥2,000 / お食事会(公演終了後のパーティー参加)+¥2,500

*FBイベントページはコチラ




2016年11月27日(日)


◆第一部・講話『 ヨガ、人生とは、いのちとは 』
【講師:マキ・ユングハイム】
◎ヨガを真摯に実践し、40年指導されているマキユングハイムさんに語っていただきます。
マキさんのクラスには何十年と続けられてる方、癌に罹患されてから通われた方など様々。
ホスピスに出向くこともあります。私たちの今を輝かせるヨガの智慧をお話しいただきます。


◆第二部・ダンス『 ヴェーダの祈り 〜詩と音楽とダンスの饗宴〜 』
【出演:抱一(朗読)/新屋 賀子(ピアノ)/片岡 通人(ダンス)】
好評につき再演!
『ヴェーダの祈り』は聖者オーロビンドの著書『神の生命』に抱一氏が出会って生れた詩と、音楽、舞のコラボレーションです。
すべてのいのちへの無限なる愛と慈悲、それを感じ、知り、共鳴していくことがこの舞台の主題です。



2016inochi_1127.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック



【日 時】11月27日(日) 開場14:30 開講15:00〜19:00頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェ「心泉茶苑」よりお入りください。

2016Maki.jpg <マキ・ユングハイム>
インドにてヨガ治療・ヨガ哲学を学ぶ。83年スワミ・チダナンダ師のダルシャンを受け、 以来シヴァナンダ・ヨガの精神性の高い教えを基本とする。個人別プログラムに重きを おき、それぞれの人に最も適したアプローチを試みる。 心のサポートやマタニティを含め た幅の広い指導を行う。著書に『ヨガ入門』。ヨガ指導歴40年。

2016houitsu.jpg <抱一(ほういつ)
ヨーガ講師。演劇やダンスの基礎訓練としてヨーガ訓練法と出会う。 病弱だった自分の身体がヨーガの実習によりみるみる健康となり、感覚や心が開放される体験を通じ、ヨーガに魅了される。 1984年始めてインドを訪れ、インドの僧侶たちから直接ヨーガ訓練法と哲学を学ぶ。 1985年より東京にてヨーガの指導を開始。 インドを毎年訪れ、ヨーガの訓練法 と哲学を研鑽する。

2016yoriko.jpg <新屋 賀子(しんや よりこ)
ピアニスト、シンガーソングライター、臨床心理士。ミニアルバム『Blessing Your Life』 2ndアルバム『The Grace』 片岡通人ダンスパフォーマンス、劇団どろんこ座とのコラボレーション、空豆ダンスカンパニー『ヨミの星』出演等のライブ活動のほか、 ウェブサイト映像図書館『KISANA LINES』、舞道家 柳元美香氏の『観音舞』への楽曲提供などを行う。 体に働きかける音の作用を重視し、ヨガやボディワーク等とのコラボレーション多数。

2016michito.jpg <片岡 通人(かたおか みちと)
沙羅舎オーナー、「舞遊空間」主宰、舞踊家。1967年よりダンサーとして数々の舞台に立つと同時に、1977年より舞踊作家として活動を始める。 1979年、文化庁在外派遣研修員としてインド、アメリカ、に留学。 アメリカ公演やユーゴスラビアの バレエ団に作品を振付など、国際的に活躍。 1983年 埼玉国際創作舞踊コンクール大賞受賞。舞遊空間主宰。 ヨーガ、気功、古神道、古武道などをバックボーンに独創的な活動を展開している。



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ






2016年10月29日(土)

『 生きる力 』

2016inochi_1029.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師:佐々木 豊志】


◎「くりこま高原自然学校」で育まれる主体的に判断し、行動する力、木材ペレットを使ったバイオマスエネルギーなど環境を考慮した生き方、心豊かな暮らしを語っていただきます。

森のようちえんは子どもたちを取り巻く自然環境を生かした活動です。 自ら課題を見つけ、主体的に考え、判断し、行動する力を育むには、良い体験が必要です。特に幼少期に自然生活を体験することは大きな意味があります。主体的に感じ、学ぶことができる豊かな感性や行動力を育成できるのです。 またエネルギーの循環を考慮したバイオマスの実践など、森の暮らしならではの工夫なども話していただきます。 そして自然の中で人はどの様に変われるのか、豊かになっていくのかも教えていただきます。 私たち一人ひとりの明日への大きなヒントをいただけることと思います。


【日 時】10月29日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

IMG_5365.jpg

<佐々木 豊志(ささき とよし)プロフィール>
1957年生まれ。1996年に栗駒山の自然の豊かさに学び「くりこま高原自然学校」を開校。野外教育、冒険教育を通じて青少年の健全育成を支援する民間教育事業所として活動を開始した。
2000年からは不登校や引きこもりの状態に陥った人を支援する寄宿制度を設けるなど、様々な取り組みで「自然と共生する、持続可能な平和で豊かな暮らしを創造する人づくりと社会づくり」を目指す。
RQ災害教育センター 代表理事、一般社団法人くりこま高原自然学校 代表理事、株式会社銀河自然学舎 代表取締役。


*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ






2016年9月10日(土)・11日(日)

創立15周年記念 『 沙羅舎祭 』ー新たな文明のはじまりに ー

sarasyasai2016_omote.jpgsarasyasai2016_ura.jpg

LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック(表)
LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック(裏)



◎トーク ◎音楽 ◎ダンス ◎映画 ◎ワークショップ ◎マルシェ
創立15周年を記念し、ご縁のある豪華ゲストをお招きしたスペシャルイベントを開催。
様々なジャンルが楽しめるプログラムでしペシャルな2日間を体験してください。

沙羅舎に初めてお越しになる方もぜひお気軽に。☆途中参加も大歓迎!
皆様のご参加お待ちしております!


【日 時】
○1日目 9/10(土) 開場 14:00 開演 14:30〜
○2日目 9/11(日) 開場 10:30 開演 11:00〜

【会 場】沙羅舎 
※1F心泉茶苑よりお入りください

【参加費】
10日通し…¥2,500 / 11日通し…¥3,000 / 2日間通し…¥4,500 / ◉お食事会…¥2,500
<1プログラムの参加もOK!> ★項目…各 ¥1,500


 ◆10日(土)


  [隣接シェアハウス 弐番館]
  ・10:00・・・ 〜マルシェ in 弐番館〜 も開催! *入場無料(体験費制)
         (馬のブラッシング体験、アフリカ楽器「アサラト」ワークショップ、「SAORI織」体験、竹灯籠づくり、販売会 など)

  [B1Fスタジオ 舞遊空間]
  /14:30・・・ 講演『 生命平和な東アジア 』  <講師:正木 高志>
 ★
  \16:00・・・ トークセッション 〜新たな文明のはじまりに〜
          <対談:正木 高志/加藤 大吾/朱 惠雯 ナビゲーター:小川 百合子>

  /17:30・・・ 『 ありがとうの歌 』  <出演:おかざわ ゆめこ>
  ★
  \18:00・・・ 『 ヴェーダの祈り 〜詩と音楽とダンスの饗宴〜 』
          <出演:抱一(詩)/新屋 賀子(ピアノ)/片岡 通人(ダンス)


  [1F カフェ 心泉茶苑]
 ◉ 19:15・・・ お食事会(ベジ料理とパティシエのデザート&ドリンク付)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ◆11日(日)


  [B1Fスタジオ 舞遊空間]
 ★ 11:00・・・ ドキュメンタリー映画上映『 つ・む・ぐ ~織人は風の道をゆく~ 』 +<監督スピーチ:吉岡 敏朗>

   13:00・・・ (休憩)

 ★ 14:00・・・ ワークショップ  ↓下記のお好きないずれかにご参加ください。

  [B1Fスタジオ 舞遊空間]
      ・・・(食)講演『 からだと地球を癒し育てる食 』  <講師:大友 映男>

  [隣接シェアハウス 弐番館]
      ・・・(衣)『 SAORI織 』体験  <講師:外囿 敦美>
          *サヲリ織を体験して作った物を縫い付けてリメイク!(Tシャツ・ジーンズ等をご持参ください)

  [2F 和室]
      ・・・(身)『 ヨーガ 』体験  <講師:抱一>


  [B1Fスタジオ 舞遊空間]
 ★ 16:30・・・ 『 ヴェーダの祈り 〜詩と音楽とダンスの饗宴〜 』
          <出演:抱一(詩)/新屋 賀子(ピアノ)/片岡 通人(ダンス)



  [1F カフェ 心泉茶苑]
 ◉ 18:00・・・ お食事会(ベジ料理とパティシエのデザート&ドリンク付)


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<沙羅舎祭 2016> 〜出演者プロフィール〜

*片岡 通人 [ 沙羅舎オーナー/「舞遊空間」主宰/舞踊家 ]
1967年よりダンサーとして数々の舞台に立つと同時に、1977年より舞踊作家として活動を始める。 1979年、文化庁在外派遣研修員としてインド、アメリカ、に留学。 アメリカ公演やユーゴスラビアの バレエ団に作品を振付など、国際的に活躍。 1983年 埼玉国際創作舞踊コンクール大賞受賞。舞遊空間主宰。 ヨーガ、気功、古神道、古武道などをバックボーンに独創的な活動を展開している。

*正木 高志 [ 森林ボランティア「森の声」代表/憲法9条をまもる巡礼「ウォーク9」主宰 ]
1945年生まれ。60年代からインドを遍歴。80年に阿蘇で帰農。 アンナプルナ農園をひらく。2000年から植林活動をはじめ、森を育てながら森に抱かれて暮らしている。 2014年から「ふくしま文庫プロジェクト」をスタート。 【著書】『木を植えましょう』『出アメリカ記』『蝶文明』『空とぶブッダ』など 【CD】『grounding songs』

*加藤 大吾 [ 農家/環境教育者/企業研修講師/大学非常勤講師 ]
1973年生まれ。幼少から青年期を東京で暮らす。2001年NPO職員を退職して独立し、環境教育事業所「アースコンシャス」を設立。 事業の挫折などを経て東京に帰るが、東京の暮らしに疑問を感じ、やるべき事と居るべき場所を求めて家族で土地を探しはじめる。 2005年に愛・地球博にて森の自然学校・里の自然学校チーフなどを務めながら、 山梨県都留市に山林を購入し友人たちと開拓、セルフビルドの国産丸太小屋に移住。 多彩な分野を持ちながら妻と4人の子どもと40羽のニワトリと4頭の綿羊と農耕馬に囲まれ、田んぼや畑を耕作し、生態系の中で暮らす。 2010年「NPO法人都留環境フォーラム」設立、以降代表理事を務める。環境配慮した地域作りを開始。 在来野菜のタネの保存活動、馬で田畑を耕す技術の伝承活動など多肢に渡る社会問題への活動を展開する。 現在では日本が先進国になる過程での学びや文化、自らの暮らしぶりを途上国に伝えることで平和と幸せ感に貢献することに力を注ぐ。 2012年 毎日新聞農業記録賞優秀賞受賞/2013年 生物多様性大賞審査員賞受賞 【著書1】『地球に暮らそう〜生態系の中に生きるという選択肢〜』(旅と冒険社)【著書2】『やりたいことやってみた』(里創社)

*朱 惠雯(しゅ けいぶん) [ 日中市民社會ネットワーク 事務局長/「東アジア地球市民村」主催 ]
上海出身、三鷹在住。2001年来日。 ICU大学院在学中の時からNPO活動をはじめ、2010年、仲間と「日中市民社会ネットワーク」を立ち上げ、 環境・高齢者・災害支援などの分野において、日中間で視察、研修、キャンプ、イベントを企画・実施し、民間の交流・連携を促進する。 2014年から毎年、環境・平和イベント「東アジア地球市民村」を上海で開催。

*おかざわ ゆめこ(岡澤 優明子) [ エネルギーアーティスト ]
1949年生まれ。静岡県在住。三つ子の母。 1995年頃から不思議体験が始まり、幾多の困難な体験こそが大きな祝福であったことを知る・・。 各地で開かれているお話し会は、20年に及び2000回を超える。

*抱一(ほういつ) [ ヨーガ講師 ]
栃木県生まれ。演劇やダンスの基礎訓練としてヨーガ訓練法と出会う。 病弱だった自分の身体がヨーガの実習によりみるみる健康となり、感覚や心が開放される体験を通じ、ヨーガに魅了される。 1984年始めてインドを訪れ、インドの僧侶たちから直接ヨーガ訓練法と哲学を学ぶ。 1985年より東京にてヨーガの指導を開始。 インドを毎年訪れ、「シヴァナンダ・アシュラム」「ビハールスクール・オブ・ヨーガ 」 「クリシュナマーチャーリア・ヨーガマンデラム」「ラーマクリシュナミツション」などでヨーガの訓練法 と哲学を研鑽する。

*新屋 賀子(しんや よりこ) [ ピアニスト/シンガーソングライター/臨床心理士 ]
私にとって音とは心を満たす光であり、この世界は素晴らしいと理屈抜きで信じられる、そして様々な人たちと一瞬でつながりあえる魔法の扉。 この宇宙にさまざまに響きあう美しいいのちの音楽に耳を澄ませながら音を奏でていきたいと思っています。 活動歴: ミニアルバム『Blessing Your Life』 2ndアルバム『The Grace』 片岡通人ダンスパフォーマンス、劇団どろんこ座とのコラボレーション、空豆ダンスカンパニー『ヨミの星』出演等のライブ活動のほか、 ウェブサイト映像図書館『KISANA LINES』、舞道家 柳元美香氏の『観音舞』への楽曲提供などを行う。 今秋 サントリーホール30周年記念事業『祝水』出演予定。 体に働きかける音の作用を重視し、ヨガやボディワーク等とのコラボレーション多数。 現在、フルート、ギター、パーカッションの4人編成である「ネコヤナギ楽団」、 バイオリン、ウッドベースの「メルヘントリオ」を結成し活動するほか、民謡、絵本とのコラボレーションや、様々な形態で活動中。 ピアノ、歌ともに「心地よく、繰り返し聴いても疲れない」との定評がある。 公式サイト http://pianoheart.jimdo.com

*吉岡 敏朗 [ 映画監督/映像作家 ]
1956年島根県生まれ。日本大学芸術学部で映画演出を学ぶ。 卒業後は映画、テレビ番組、ドキュメンタリー、CM、PRビデオ、博物館用映像等、様々な映像作品を監督・製作する。 「つ・む・ぐ」は、彼の作品中、最も上映時間の長い、そして最も撮影期間が長期にわたった作品である。 【主要作品】 「飛龍山」1981年 カルロビバリ映画祭(CILECT) 優秀賞 ヴェネツィア映画祭 招待参加 ツール映画祭 シネクラブ賞/ 「Human Mind -日本IBM-」1990年 日本産業映画コンクール 奨励賞/ 「鉄人たちよ熱くなれ!-上海宝山製鉄所-」1992年 日本企業映像フェスタ 入選/ 「八束歳時記 -中海に浮かぶ島の記憶-」2005年 八束町閉町式にて記念上映/ 「0系1964-2008 THE SHINKANSEN SERIES-0」2008年/ 「鉄道の記憶 -萩原政男8mmフィルムアーカイヴス-」2009年/ 「昨日まで世界になかったものを。Creating for Tomorrow -AsahiKASEI-」2010年/ 「笑顔の道しるべ -平田大一と南会津の子どもたち-」2011年 文部科学省選定作品

*大友 映男 [「やさい村」店主/手技・太極拳 講師 ]
1978年 アメリカインデアンムーブメント「ザ・ロンゲストウオーク」日本支援委員会代表として渡米。 19歳の頃、命と食の大切さに目覚め以来命と食にかかわる様々なエコロジーの融合を目指して活動を重ねる。 現在は三鷹市で「やさい村」(無農薬野菜&自然食品店)を経営し、健全な食材を家庭や学校に提供し続けている。 講師として、太極拳、手技療法、断食の指導も行っている。「いのち」をテーマに幅広い活動を展開中。

*外囿 敦美 [ 糸を彩る人 ]
子育てを終わった頃に出会ったサヲリ織りに綺麗な色に癒され自分で布を織れる喜びを知り、その自分の織った物を使い服や小物を作る喜びへと発展し、 最近ではタンスの肥やしになっている浴衣や着物ををリメイクする事にも手を伸ばしています。 又、全く違う業種ですが会社としては良質な北欧デザイン住宅「ランタサルミ」というログハウスの設計、販売もしています。

*小川 百合子 [ 沙羅舎オーナー/弐番館オーナー/糖尿病専門医/医学博士 ]
内科医としての臨床で病まないための生き方を提案する場が必要と実感し、 2001年に夫(片岡通人)と共に癒しと創造と学びの場としての沙羅舎を設立。 以後沢山の素晴らしい出会いに恵まれ、来訪者と共に感動の時を楽しんでいる。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*FBイベントページはコチラ


【お問い合わせ・お申し込み】沙羅舎まで  TEL.0422-41-8617(心泉茶苑) / MAIL:info@sarasya.com
「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。






2016年7月30日(土)

ダンス公演『 トワイライトゾーン 』

2016inochi_0730.jpg
LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


◎出演:アキオ キムラ/妻木 律子/片岡 通人
☆特別出演:宮木 百合子



『 ジャズ オールナイト 』
『 ポジショニング 』 ほか


【日 時】7月30日(土) 開場16:30 開講17:00〜19:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。

*FBイベントページはコチラ




2016年6月25日(土)

『 今、伊勢神宮から、世界に伝えられること 』

2016inochi_0625.jpg2016inochi_0625_ura.jpg
LinkIcon(表)チラシ画像・印刷はこちらをクリックLinkIcon(裏)チラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師:稲田 美織】


◎この度、12年間の集大成である、英語版の伊勢神宮の本、『Ise Jingu and the Origins of Japan』を出版する運びとなりました。
2001年に起こった、NY同時テロを自宅から目撃して以来、神様は人類をどこに導くのであろうかを自分の目で見たくて、世界中の聖地を巡り、祈り撮影を続けてきました。
そして今から11年前の2015年、それらの写真を銀座の画廊で展覧した際、伊勢神宮にご縁がある方がいらっしゃって、神社本庁に紹介いただき、初めて伊勢神宮を訪れました。
その年は丁度、20年に一度行われる式年遷宮が始まる年でした。
世界中の聖地はどこも美しい祈りが存在していましたが、私は伊勢神宮のお宮に風、土、風日祈などの自然の名前がついているのを見て、大切なものに出会えたと直感しました。
それから、11年間、無我夢中で伊勢神宮で撮影させていただいています。
世界にも類を見ない神秘的な遷御の儀、そして、美しい自然、命、そこには素晴らしい循環の世界が繰り広げられていました。
そして、私たちは自然に生かされているのだと、悟りました。
それは、宗教というより、地球人として調和の未来に生きてゆく道を示して頂いているようでした。

今回、多くの方々の力をお借りして、英語版伊勢神宮の本を出版する運びとなりました。
この本に、私は伊勢を流れる五十鈴川を語り部として、そして、日本の原点を書き綴りました。

「五十鈴川に架かる宇治橋を渡り、伊勢神宮に向かう時、それはまるでタイムワープの旅のようである。
それは、2000年の時空を超えて日本の原点に回帰する旅であり自然の調和と持続可能な美しい未来の可能性を繋ぐ旅でもある。」
本はこのように始まります。
そしてこのように終わります。
「現在さまざまなことが、世界中で加速しているが、伊勢神宮とその哲学は人類を灯す灯台の光になるのではないかと思う。神宮は日本だけの宝ではなく、世界の宝になるのではないかと思った。」

4月にはNYのギャラリーで、5月8日から、有楽町、外国人特派員協会にて、伊勢神宮の写真展覧会と記者会見を行い、伊勢神宮の光を世界に発信しました。


【日 時】6月25日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<稲田 美織(いなた みおり)プロフィール>
http://mioriinata.net/
FB MAIL:mioriinata.gmail.com

多摩美術大学油絵科を卒業し、東京都一ツ橋中学の教職を経て、1991年からNYで写真家として活動する。
2001年、NY同時多発テロをマンハッタンの自宅で目撃して以来、神さまが人類をどこに導こうとされているのかを探求しようと、それぞれの祈りの聖地を訪れ、イスラエル、パレスチナ、ネイティブインディアンの地、メキシコ、ギリシャ、ウクライナ、フランス、アンコールワット、雲南省チベット寺院など、世界中で撮影を続けている。
2005年から、導かれるように「伊勢神宮」の式年遷宮の撮影を開始し、ライフワークにしている。
撮りためた聖地の写真を日本、ニューヨークをはじめ、モナコ、イスラエル、ヨーロッパなどの美術館、ギャラリーで展示、世界中で講演会や様々な媒体に出演、出版などを発表している。
2012年日中国交正常化40周年記念行事でアジアの水の源流写真展覧会が外務省正式行事になる。
2015年神道文化功労賞を受賞。

展覧会:
●ハーバード大学 ●MOMA ●国連 ●イスラエルミュージアム ●東京国立博物館 ●コロンビア大学 ●ブルックリン植物園 ●ヒルラーアートスペース・ワシントンDC ●モナコ・日本庭園 ●NY工科大学 ●NJ工科大学 ●ロックフェラーセンター ●東京農大・食と農のミュージアム ●ウクライナ大使館 ●ロンドン・チェルシー オールドタウンハウス ●銀座シャネルビル・ベージュ ●クラブ関東 ●ポーランド大使館 ●上海・森ビル ●蘇州・礼耕堂 ●TOKOギャラリー・パリ ●外国人特派員協会 ●NY TENRI Gallery

著書:
「聖地へ 神々の大地に祈る」/「水と森の聖地、伊勢神宮」小学館/「伊勢神宮、水のいのち、稲のいのち、木のいのち」亜紀書房/「奇跡に出逢える世界の聖地」小学館/「Ise Jingu and the Origins of Japan」 小学館

コレクション:
●ハーバード大学フォグミュージアム ●MOMA ●ウクライナ大使館 ●フェデリティ

TV・新聞・雑誌:
ワシントンポスト・ジャパンタイムズ・NHK「にっぽん巡礼」・日本テレビ「NEWS ZERO」・TBS「佐々木蔵之介・うまし旅」、BS朝日「エコの作法」、ラジオ深夜便・TBS系竹村健一番組・読売新聞・朝日新聞・VOGUE・HERS・クロワッサンプレミアム・伊勢神宮「瑞垣」、「神宮」など



*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。
*FBイベントページはコチラ




2016年5月22日(日)

『 腰椎のミクロコスモス 』〜「体癖」の秘密と、からだの中の太陽系〜

2016inochi_0522.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師:鎌崎 拓洋】


◎野口晴哉が体癖論によって明らかにした人体の五つの腰椎の性質は、
古代から伝承されてきた太陽系のシステム構造が、
からだの中に直接映し出されているという驚くべき事実を垣間見せてくれます。
そこから明らかになるのは、腰椎の働きと、からだの中の諸中枢(チャクラ)との隠れたつながり、
さらには、チャクラが受信している惑星の諸力や黄道帯の十二宮との関係性へと連なる、
大宇宙(マクロコスモス)と人体のミクロコスモスとの驚異的な照応関係という、
天・地・人をひと括りに貫いた一大宇宙パノラマだったのです。


【日 時】5月22日(日) 開場17:00 開講17:30〜19:30頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<鎌崎 拓洋(かまさき たくひろ)プロフィール>
東洋自然学研究家。 投資家。瞑想家。 北海道生まれ。小学生の頃からヨーガや密教に強い関心を持ち、独学。
高校時代より本格的に瞑想を始め、同時に国内外における心身の変容技法の伝承者たちより指導を受ける。
早稲田大学では教育心理学を専修し、卒業論文のテーマは『人間の不安感に与える瞑想の効果』の研究。
卒業後、広告代理店に入社。JT、NEC、NTT等の広告マーケティングに携わる。
主にJTの「マイルドセブン」シリーズの商品開発リサーチ、広告宣伝を担当。
傍ら、東洋の身体技法と術数文化の研鑽を深め、30代で独立する。
現在は、東洋文明の基盤である「易」の陰陽原理を人生に活かす東洋自然学の啓蒙活動を展開。
中国古典の智恵を、先端科学や生物学の観点から読み解いた独自の講義内容を特徴とする。
また、個人と経営における「勢い」のマネジメント(Momentum Management)を提唱し、自らも東洋の「術数文化」の技法を活用した投資活動、および経営に携わる。

[翻訳書]…『タオ人間医学』/人体科学会推薦図書/『気内臓療法』/『タオ性科学』/『タオ性科学・女性編』(エンタプライズ)
[論文所収]…『リラクセ-ション・ビジネス』(中央経済社)/『気の妙術』(加来耕三著 出版芸術社)
[著書]…『チョー使える本格風水55の秘伝』(講談社)/『幸運を呼ぶ風水インテリア』(主婦の友社)/『風水・秘密の開運法則』(住宅新報社)


*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。
*FBイベントページはコチラ




2016年4月24日(日)

『 今こそ気功だ! 』

2016inochi_0424.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師:片岡 通人】


◎気とは、生命エネルギーに関係する物質と言ってよいと思います。
その「気」を、自分の身体と心と呼吸を使って調整し、より充実させていく方法を「気功」と言います。

中国南少林寺で作られた気功「一指禅功」をベースに、動く気功、坐る気功をご紹介するワークショップ。
また、今回は“舞う”気功もやってみたいと思います。
「気」と「身体」を可能な限り感じる時間を楽しんでみてください。

※一指禅功 (いっしぜんこう) … 中国福建省少林寺に伝わる仏家功。気血の流れを調整し、身体を丈夫にします。また、他の人の病の改善に寄与できるのが特徴です。


【日 時】4月24日(日) 開場16:30 開講17:00〜19:00頃
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<片岡 通人(かたおか みちと)プロフィール>
中医学教授である秦諭生老師より一指禅功を学ぶ。専門教室や研修過程を経て修了証を取得。
その後も師に薫陶を受けている。日本気功協会会員。NPO 日本一指禅功研究会理事。


*ご予約・お問い合わせは、「ご予約・お問い合わせ」フォームより送信いただくか、お電話ください。




2016年3月26日(土)

『 和の心 祈りのフラ 』

inochi_20160326.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【舞…中野妙香】


◎愛と感謝と祈りとともに… 皆さまに“和の心 祈りのフラ”を、心とからだでたっぷりと感じていただき、ともにあたたかな時を。。。

〜Message〜

今回、5年目の3.11を迎えたことで改めて、今伝えたいことに気づかされた次第です。

2011年3.11震災直後に、山根麻以さんの"やさしいきもち"という曲を踊るストリートフラダンサーmanaさんに出逢いました。
「ありがとう あいしてる だいじょうぶ」という言霊を、来る日も来る日も訪れる方たちとともに歌い、踊り、祈り続けることで、皆の心が癒されていくのを感じました。
また、震災をきっかけに生まれた「雨ニモマケズ・フラ」もそのひとつです。
舞は祈り。今だからこそ感じる、皆の心が一つの”わ”になって踊る大切さ、それは幼少のころから大好きだった盆踊からつながっているのかも知れません。

今日も、皆様とともに和心を響かせながら、波に身をゆだね、あふれる愛と、感謝と、喜びとともに、歌い、踊れますことを楽しみにしています。


【日 時】3月26日(土) 開場17:30 開講18:00〜20:00
*修了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<プロフィール>
ある時、私の踊りの原点は幼少のころから大好きだった盆踊りにあったことに気がつきました。
着物が好きなのもこの頃からです。
小学生から中学生にかけて5年間バレエを習い、今から9年前にフラに出会いました。
そして2年前に日本古来の舞を基にした創作舞にも出合い、現在はこれまで培ってきたあらゆるものと和心を響かせ合いながら、溢れる愛と感謝と祈りとともに日々舞っています。


*FBイベントページはコチラ





2016年2月20日(土)

『 般若心経で遊ぼう!』

inochi_20160220.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師・ファシリテーター…中野民夫】


◎最近、「今ここ」の瞬間への気づきを育む「マインドフルネス」が様々な世界で大事にされて始めています。
1991年にカリフォルニアでベトナム出身の仏教者ティク・ナット・ハンのマインドフル・リトリートに参加した時、般若心経の最後の真言「ぎゃーてぃ、ぎゃーてぃ…」にメロディーがついているのを習いました。
その後、屋久島である時に歌詞が生まれ、ガーテーソングという歌になりました。
今回、般若心経の色即是空・空即是色のここを歌などを通して遊びながら学んでみたいと思います。
忙しい毎日を走り続ける私たちが、たまには立ち止まり、身体を調え、呼吸を調え、心を調えながら、今ここ自己への気づきを深めていけたらと思います。
*動きやすい服装と好奇心を持ってお越しください。


【日 時】2月20日(土) 開場15:00 開講15:30〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<プロフィール>
ワークショップ企画プロデューサー、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。1957年東京生まれ。東大卒業後、広告会社博報堂に勤務。90年前後に休職・留学したカリフォルニアで様々なワークショップに出会う。
復職後、企業の社会貢献活動や愛知万博「地球市民村」などを担当する一方、人と人・自然・自分自身をつなぎ直すワークショップや、参加型の場づくりの技法ファシリテーションの講座を展開。2012年に早期退職し京都の同志社大学教授に。
毎朝鴨川で朝日に向かってヨーガを楽しみ、音楽や料理にも目覚める。昨年秋に東京に戻り、理系の大学でリベラルアーツ教育に取り組む。日本環境教育フォーラム理事。日本ファシリテーション協会フェロー。
主著に『ワークショップ』(岩波新書)、『みんなの楽しい修行』(春秋社)他。


*FBイベントページはコチラ





2016年1月23日(土)

『 肌で感じた世界の広さ、ペダルで知った地球の狭さ。』

inochi_20160123.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師…遠藤隼(じゅん)】


◎観光地では見られないその国の本当の姿が走ってきた道の上にはありました。
多くの出会いや世界の実情、ドキドキするような旅の話をお伝えします。
そして、自転車旅というステキな旅のスタイルに
目を向ける機会なれば幸いです。


【日 時】1月23日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 B1F 「舞遊空間」 ※1Fカフェよりお入りください。

<講師プロフィール>
前職では富士山周辺でエコツアーや子どもたちのキャンプを実施。
さらなる大自然を求めて2012年8 月より自転車での大陸横断を開始。
ユーラシア横断・南米縦断を経て2014年5月帰国。


*FBイベントページはコチラ





年末恒例ダンスパフォーマンスイベント 【 忘年(齢)会 2015 】
2015年12月26日(土)

bounenreikai_20151226.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


歳を重ね、より輝いて... 年末恒例の一大ダンスイベント!!
出演:アキオ キムラ、池内 新子、池田 素子、石和田 尚子、片岡 通人、桐山 良子、神 雄二、中島 紗季、藤里 照子、真島 恵理
照明:五十嵐 正夫

・『-』 ̶ アキオ キムラ
・『-』 ̶ 池内 新子
・『-』 ̶ 池田 素子
・『-』 ̶ 片岡 通人
・『-』 ̶ 桐山 良子
・『-』 ̶ 神 雄二 & 真島 恵理
・『-』 ̶ 中島 紗季
・『-』 ̶ 藤里 照子
・『-』 ̶ 石和田 尚子


【日 程】2015年12月26日(土) 
【時 間】開場 16:30 開演 17:00〜
【会 場】沙羅舎 B1F
    JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
【参加費】¥2,000 / 食事会(公演終了後のパーティー参加)+¥3,000

*FBイベントページはコチラ




2015年11月21日(土)

『 “メメント・モリ” -死を想い、生きることを考える-
〜 Slow Death Cafe @沙羅舎 〜

inochi_20151121.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


【講師…上野 宗則】

「スロー・デス・カフェ」とは、ゆっくりと死について考え、思い
を馳せる“メメント・モリ”な円居の場、死別の悲しみを共有し、
死から生を学ぶ場です。


◎優しい時間を
 安心できる場で
 ご一緒に・・・


【日 時】11月21日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】講 演:¥2,000 / お食事会¥2,500 (お食事・飲み物付)

【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<講師プロフィール>
株式会社素敬代表、「エンゼルメイク・アカデミア」主宰。父親の死によって遺族となった経験を活かし、98年より死化粧用品等ご遺体ケアのための商品づくりをはじめる。その後、「人の死に立ち会うときなにができるか」をテーマに、医療従事者や葬祭事業者向けの講習会を企画。「社会に生きる人々が死を想うきっかけづくりができれば」をモットーに、全国各地で講演活動も行っている。近年はナマケモノ倶楽部から発行される書籍やDVDのデザインも担当。著書に『エンゼルケアのエビデンス!?』(sokei パブリッシング)がある。





2015年10月24日(土)

フェルデンクライシス・メソッド を使ったグループレッスン
『 動きを通しての気付き 』―Awareness Through Movement―

inochi_20151024.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…笠松 真智子】

◎創始者モーシェ・フェルデンクライシス博士は
「心地よい体の動きが、脳を刺激し、活性化させる」ことを発見し、体系化されたメソッドを確立しました。
その技法は、教育・芸術・医療等の幅広い分野で高く評価されています。
楽で心地よい動きを通し、全身の骨格や筋肉がどのように連係しているかを体験することで、脳を活性化し、
神経系を通してより自然で質の高い動きと機能を身につけていくレッスンです。
私流に言わせていただくと、「身体と脳の宇宙を、探検していくと楽と自由が無限大に拡がっていく」…です。


【日 時】10月24日(土) 開場16:30 開講17:00〜19:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】¥2,000 ( お食事参加+¥2,500 )

【場 所】沙羅舎 B1F 舞遊空間 ※1F心泉茶苑よりお入りください

MachikoKasamatsu1.jpg   <講師プロフィール>
南の島を放浪後、歌・踊り・芝居の数々のステージに立っています。
(パルコ劇場、俳優座、ジァンジァン、アビニョン国際演劇フェスティバル、小劇場、喫茶店、ライブハウス、画廊、街頭パフォーマンスetc)
自主公演、客演の他、保育園や老人福祉施設など、様々な出会いがあり、ユニークな発想で作ること、演じること、踊ること、歌うことを続け、かれこれ40年以上。
声、体、心、呼吸を意識し、アクターズスタジオ、ジャズダンス、コンテンポラリー、舞踏、ヨガ、気功、太極拳、合気道、気流法、声楽、謡などなど多くの先達者に師事し学んできました。
躍動している激しい動きから、呼吸との関係などを探求するに従い、静かで深い動きに入っていきました。
全てが水源を辿る旅のように流れ、これが根源か!?—と思えたのが、フェルデンクライシスです。
7年前にプラクティショナーとして国際ライセンスを取得しています。これからも死ぬまで動いて学び続けるつもりです。



さいごに…
「100歳まで自分が動ける自信がついた。」—とプラクティショナー仲間が言った時、“ワォ!?”って反応したけど、
今だったら、「うん、そうだね!」って、ヒョウヒョウとして言うだろうな。
高齢化社会、介護問題の中、寝たきりや要介護の人が増えるのではなく、死ぬまで動ける、
それが望ましい—という人が増えたら、いいですよね。(やりがいがあります、この仕事(笑))




2015年9月19日(土)・20日(日)

沙羅舎創立14周年記念 『 沙羅舎祭 』ーめぐる氣 つながる氣 ー

sarasyasai2015.jpgsarasyasai2015ura.jpg

LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック(表)
LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック(裏)



◎沙羅舎にご縁のある豪華ゲストによる一大イベントを開催。
ミュージック、ダンス、映画、ヨーガ、太極拳、気功、アーユルヴェーダ、料理...
様々なジャンルを生で触れ合うことができるスペシャルな 2 日間 ! 一瞬一瞬を楽しもう。

沙羅舎に初めてお越しになる方もぜひお気軽に。☆途中参加も大歓迎!
皆様のご参加お待ちしております!

【日 時】
○1日目 2015/9/19(土) 15:00〜
○2日目 2015/9/20(日) 10:00〜

【場 所】沙羅舎 B1F 舞遊空間 ※1F心泉茶苑よりお入りください


【参加費】
<お食事代込み> 全通し ¥9,000
<お食事代なし> 全通し ¥4,000/19日のみ ¥2,000 / 20日のみ ¥3,000 (お食事参加費 +¥2,500)

◆19日(土)
・15:00・・・講演『“氣”』 の話 — (小金 光風)
・16:00・・・ワークショップ — a.タブラ(ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)・b.気功体験(小金 光風)
・17:00・・・音楽とダンス — (チャーリー宮本、ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ、冴子、神 雄二、片岡 通人)
・19:00・・・お食事会

◆20日(日)
・10:00・・・映画上映会『 スラックとプラチャーの音もなく慈愛は世界にみちて with 辻信一 』
・11:00・・・トークショー『 仏教とインド哲学の教えから学ぶ、 幸せな生き方 』 — (ミヤモト タミコ)、
             『 生ききる、そのいのちをつなぐ 』 — (小川 利久)

 〜休憩〜

・13:30・・・ワークショップ — a.アーユルベーダ・クッキング(ミヤモト タミコ)・b.ヨーガ(抱一)・c.太極拳(大友 映男)
・15:00・・・パネルディスカッション — (稲田 美織、大友映男、大橋智子、小金 光風、朱惠雯、世古 一穂、チャーリー宮本、マキ・ユングハイム)
・17:00・・・音楽とダンス — (チャーリー宮本、ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ、冴子、神 雄二、片岡 通人)
・19:00・・・お食事会


※ワークショップは、お好きないずれかにご参加ください。
※お食事会では1Fカフェ・心泉茶苑の総力を挙げて格別なお料理をご提供します。




2015年7月25日(土)

『 SAORI織に触れる 』

inochi_20150725.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…外囿敦美】

◎「1964年大阪生まれ。短大卒業後、4年程働き24歳で結婚。
25歳で長男28歳で長女を出産、と同じくその頃主人が会社を辞め独立。私は専業主婦として過ごしました。

主人の会社は大阪を本社として次に東京、名古屋、福岡と支店を出し、
次は海外に…と頑張っていた矢先、主人は心筋梗塞で他界。

会社より従業員の生活を守らなくてはと主人と親交があった一部上場の会社に株を譲渡。
とはいえ、専業主婦だった私が何が出来る訳もなく…。
主人の帰って来ない家に居る事ができず手当たり次第時間を潰せる習い事を始めました。
しかし、どれも突然大事な人を亡くした傷を癒す事はできませんでした。

ところが、ある日知人から教えて貰ったサヲリ織りは、綺麗な色で癒され、
手と足を同時に動かし、頭で配色を考えて…とほんの少しだけ意識が悲しみから遠のくを感じました。
それから元スタッフと主人の会社を復活させ、私はサヲリ織りで服や小物を作るという事を始めたところです。

サヲリ織りは織物の中でも飛び抜けて自由で簡単です。
自分の好きな布を織り、それで自分の服や身の回りの物を作る。
そうやっていくと今まで欲しかったブランドの服もタダの既製服という感覚になってしまいました。
自分で織って仕立てた服には愛着も湧く。気に入らない時は仕立て直せばいい。

このように、少しずつでも自分の服を自分で作るという事を思い出しやっていく事は、
ブランド品や高級品を良しとする価値観から少し離れていき、物・素材を大事にするという事に繋がって、
地球にも優しいのではと思っています。

とにかく一度、織姫になったつもりで楽しんで下さい。」


【日 時】7月25日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。

【参加費】¥2,000 ( お食事参加+¥2,500 )

【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<講師プロフィール>
http://yocha.shop-pro.jp



2015年6月27日(土)

『 生態系の中に自分を位置づけて暮らすということ 』

inochi_20150531.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…加藤大吾】

◎生態系の中に暮らして受け取った知恵と術を写真と語りでお伝えします。
 ただ、「森の中で暮らしたい」そう思って、樹を切って土地を作り、仲間の力を借りて自分で家を建てて森の中に移住する。
近くのスーパーで5種類の野菜の種を買ってきて、全部手のひらの上に開けて指で混ぜて、それを山にばら撒いてみた。
すると、、、野菜が森の中に目を出し、大きくなり、台所にのぼるのです。
都会に住んでいたた僕にとって、なんとも不思議な体験でした。翌年から畑を開始。3年目から田んぼを開始。
お米、小麦、大豆、野菜たちを生産し自給している。生態系が作物を生み出す仕組みが素晴らしく、魅力的で不思議な世界。
この不思議な世界で妻と子供4人と暮らしている。
 生態系のサイクルを更に活発にしてくれるのは家畜だ。馬1頭、羊4頭、鶏40羽、犬2頭。
彼らは時に動力となり、肉となり、毛を提供し、草刈りをし、害虫を食べ、野生生物から守ってくれる。
そして、肥料を与えてくれるのだ。この肥料が全ての野菜と穀物に使われる。
収穫した一番いいところは人間が、次のちょっと欠けたお米や麦は鶏が、藁や残渣は羊がそれを形に変えてまた僕たちに返してくれる。
生態系という仕組みの素晴らしさに見とれてしまう。

 こうした暮らしを実践してみて、見えてきたもの、そこで得た知恵や術をご紹介します。


【日 時】6月27日(土) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。
【参加費】¥2,000 ( お食事参加+¥2,500 )
【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<講師プロフィール>
1973年生まれ。幼少から青年期を東京で暮らす。
2001年NPO職員を退職して独立し、環境教育事業所「アースコンシャス」を設立。
事業の挫折などを経て東京に帰るが、東京の暮らしに疑問を感じ、
やるべき事と居るべき場所を求めて家族で土地を探しはじめる。
2005年に愛・地球博にて森の自然学校・里の自然学校チーフなどを務めながら、
山梨県都留市に山林を購入し友人たちと開拓、セルフビルドの国産丸太小屋に移住。
環境教育者、企業研修講師、農家、大学非常勤講師など多彩な分野を持ちながら
妻と4人の子どもと40羽のニワトリと4頭の綿羊と農耕馬に囲まれ、
田んぼや畑を耕作し、生態系の中で暮らす。
2010年「NPO法人都留環境フォーラム」設立、以降代表理事を務める。
環境配慮した地域作りを開始。在来野菜のタネの保存活動、
馬で田畑を耕す技術の伝承活動など多肢に渡る社会問題への活動を展開する。
現在では日本が先進国になる過程での学びや文化、自らの暮らしぶりを
途上国に伝えることで平和と幸せ感に貢献することに力を注ぐ。
・著書1「地球に暮らそう〜生態系の中に生きるという選択肢〜」旅と冒険社
・著書2「やりたいことやってみた」里創社
・2012年毎日新聞農業記録賞優秀賞受賞
・2013年生物多様性大賞審査員賞受賞



2015年5月31日(日)

『 ホリスティックヘルス 』Holistic health

inochi_20150531.jpg LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…スワーミー・メダサーナンダ師】

◎本当の「健康」とは何でしょうか?


【日 時】5月31日(日) 開場15:30 開講16:00〜18:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。
【参加費】¥2,000 ( お食事参加+¥2,500 )
【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<プロフィール> 1946年インドベンガル生まれ。1973年にラーマクリシ
ュナ・ミッションの出家僧となり、12年間インドの本部直
系の大学学長を務め、1993年来日。神奈川県逗子市に
ある日本ヴェーダーンタ協会の会長に就任。インドの普
遍的福音に関する講演や、協会の出版活動を指導してい
る。著書『スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと日本』





2015年5月2日(土)

『 草木を描く 』

inochi_20150502.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…小金光風】

絵が大好きだけど自分では描けないと思っている人へ…。
3原色と白い絵の具で、思ったより簡単にあなたの感じた植物を紙に映すことができます。まずは筆をとってみましょう。


【日 時】5月2日(土) 開場14:30 開講15:00〜17:00
*教室終了後にお茶会もございます。こちらも是非ご参加ください。
【参加費】¥2,000 ( お茶会参加+¥2,000 )
※画材はこちらでご用意致します。手ぶらでお越しください。
【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<プロフィール> 茨城県生まれ福島県育ち。高校時代に日本画院展奨励賞を受け、詩でも花椿特選に選出される。横浜国立大卒後20年間の教員在職中にヨーロッパ、アジア、アラスカ、アメリカ、オーストラリアなど世界各地を旅行。H4年より気功を学び、たい道の講師としてアメリカ、フランスで指導。日本に戻ってからは日本人のあり方を歴史から学び自分なりの身体、生き方を追求している。シュタイナーの芸術論にも影響を受け、気功、絵画を指導する一方で、バレエ、書写、尺八、笛、花結び、象牙彫刻、俳句、詩、エッセイ、茶道を修行している。




2015年2月28日(土)

『 身体内に隠された宇宙 』
—永遠なる意識とエネルギーの遊戯ー

20150228.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【講師…抱一(ほういつ)】

インドのハタ・ヨーガ(身体訓練を基盤とするヨーガ)の祖師ゴーラクナータは、
「個人の身体内に全宇宙を体験するヨーガ実践者は、身体を完全に知る者である」と説き、
空間的には小さな部分しか占めず、時間的には短期間しか生存できない人間の身体の中に全宇宙の生命の秘密が隠されていることを教えました。

今回の講座では、137億年の宇宙史を通じて誕生した人間の身体について、
東洋と西洋の神秘学的身体論を比較検討しながら、瞑想を通じて身体宇宙空間を探索します。


【日 時】2月28日(土) 開場16:30 開講17:00〜19:00
*終了後にお食事会もございます。こちらも是非ご参加ください。
【参加費】¥2,000 ( お食事会参加+¥2,000 )
【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください

<抱一:プロフィール> 栃木県生まれ。演劇やダンスの基礎訓練としてヨーガ訓練法と出会う。病弱だった自分の身体がヨ ーガの実習によりみるみる健康となり、感覚や心が開放される体験を通じ、ヨーガに魅了される。1984 年始めてインドを訪れ、インドの僧侶たちから直接ヨーガ訓練法と哲学を学ぶ。1985年より東京にて ヨーガの指導を開始。インドを毎年訪れ、「シヴァナンダ・アシュラム」「ビハールスクール・オブ・ヨーガ 」「クリシュナマーチャーリア・ヨーガマンデラム」「ラーマクリシュナミツション」などでヨーガの訓練法 と哲学を研鑽する。




1月のいのちの学校presents 「JEJU平和祭2014 報告会」
2015年1月24日(土)

JEJU20150124.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


クニヲコエテ 〜東アジアをひとつに〜

2014年10月に韓国の済州島で開催された、アジアを繋げるお祭り「JEJU平和祭2014」の報告会をします。 お祭りの映像や、トーク・出演者によるLIVEもあります。みんなで楽しくシェアリングしませんか♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●映像・報告 ●音楽LIVE ●トーク ●シェアリング ●アリラン・盆踊り
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



【日 程】2015年1月24日(土) 
【時 間】開場 15:00 開演 15:30〜
【出 演】・トーク…平和会議・こども広場(予定) / 上海地球市民村(ゲスト:朱惠雯)
・LIVE…山口愛+縫-Nui- / 櫛田寒平 / EARTH WAVE(大友映男)/他 ・写真展示…米倉英次

【会 場】沙羅舎 B1F
    JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
【参加費】¥2,000 / 懇親会(終了後のパーティー参加)+¥2,000



12月のいのちの学校 【忘年(齢)会2014】
2014年12月28日(日)

20141228/20141228.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


歳を重ね、より輝いて... 年末恒例の一大ダンスイベント!!
出演:アキオ キムラ、池内 新子、池田 素子、片岡 通人、桐山 良子、神 雄二、真島 恵理
照明:五十嵐 正夫

・『ジャズでいこうか』 ̶ アキオ キムラ
・『ミシン』 ̶ 池内 新子
・『コラージュ』 ̶ 池田 素子
・『ファントム 0 号』 ̶ 片岡 通人
・『20 の手』 ̶ 桐山 良子
・『A tree in love』 ̶ 神 雄二 & 真島 恵理


【日 程】2014年12月28日(日) 
【時 間】開場 15:30 開演 16:00〜
【会 場】沙羅舎 B1F
    JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
【参加費】¥2,000 / 食事会(公演終了後のパーティー参加)+¥3,000



2014/11/24(月・祝)
【能楽を観る】

20141124/unnamed.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

今回はこちら生徒さんと共に、片岡通人が能を舞います。その記念発表会を観賞しにいくという企画です。
観覧フリーなので、連休最終日、皆さんで能を観に行きませんか?

【日時】2014年11月24日(月・祝)
山中迓晶 重要無形文化財総合指定記念『緑蘭会大会番組』
11:30〜 開演(17:30頃終了予定)
*入場無料

【プログラム】
・番外仕舞
・11:45〜 仕舞 ・11:50〜 舞囃子 ・12:30〜 素謡 ・12:40〜 独吟
・12:50〜 能『吉野天人』(小山正剛) ・13:30〜 仕舞 ・13:45〜 素謡
・14:15〜 能『小鍛治』(加藤恵)  ・15:10〜 素謡 ・15:20〜 素謡
・16:10〜 舞囃子 ・16:25〜 素謡 ・16:55〜 半能『融』(片岡通人)
・番外仕舞 (山中迓晶)



主催:緑蘭会/指導:山中迓晶

【場所】梅若能楽学院会館
東京都中野区東中野2-6-14
JR総武線・東中野駅西口より徒歩8分

【料金】フリー


2014年10月25日(土)
10月のいのちの学校 【中国茶講座 お楽しみ茶会】

10732503_713610815387106_1413459651_o.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

薫り高いお茶を味わいながら、茶葉の選び方や淹れ方のコツを楽しく学ぶ講座です。
初心者の方でも淹れられるよう丁寧にご指導致します。

席数に限りがある為お申し込みはお早めにお願い致します。

講座終了後にはいのちの学校恒例のお食事会もございますのでぜひ合わせてご参加ください。

【講師プロフィール】
髙田 惠理
(中国茶インストラクター/フラワーエッセンス セルフケアアドバイザー)
1997年、台湾茶に出会い自宅でも楽しむようになる。カフェ心泉茶苑で3年ほど勤務しながら中国茶インストラクター養成講座にてインストラクターの資格を修得。
その後、茶と禅を融合した茶禅草堂 岩咲ナオコ女史に師事し 薬師寺(奈良)、薬師寺別院(東京)、国立博物館 応挙館、都内カフェなどの茶会に茶人として参加。お茶講座等も開講。
「お茶の世界を通して、感覚を研ぎ澄まし、文化 芸術を味わう。人々との輪を紡むぎ、楽しむ…そんなお茶の時間と空間を創造し活動しています。」

【日時】2014/10/25(土)
16:00〜 中国茶講座
18:00〜 お食事会

【場所】沙羅舎 1F 心泉茶苑
三鷹市下連雀3-1-24
JR三鷹駅南口より徒歩7分

【料金】
講座のみ ¥2,000 / 講座+お食事会 ¥4,000


2014年 10月19日(日)
ー 福島は今 ー
[巡礼から見えてきたこと、これからのこと]

fukusima_omote3.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

fukusima_ura3.jpgLinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック


東日本大震災以後、福島の方々から、体験や現状などをお話していただく[福島は今]の企画をしてきました。
震災から、三年半、再び、場を開きます。

三鷹 沙羅舎 B1 舞遊空間にて(三鷹駅南口徒歩6分)
http://www.sarasya.com
0422-41-8617(当日のみ使用可)

ゲスト:田中徳雲 師
(福島県南相馬市小高区 同慶寺 ご住職)
南相馬市小高区は、未だ「避難指示解除準備区域」として、居住が許されていません。
小高山同慶寺の若きご住職「田中徳雲 師」は、地域の方々と共に、お寺の再建と、故郷の復興に、心血を注がれてきました。
そして、今年3月11日から4月末にかけて、福島から青森下北半島大間崎までの沿岸部を、徒歩で巡礼されました。
他宗教の人々と共に歩いた「いのちの行進」の中から見えてきたこと、それは、この時代を生きていく私たち誰にも繋がること。
福島の今、そして、これからのことを語っていただきます。
この時代に、何を観、どう歩んでいくのか、共に語り合いましょう。

*プログラム
2014年 10月19日(日)
13時30分 開場
14時 開演
[大地と いのちの 祈り]上映 (Land and Life 制作)
田中徳雲 師のお話
16時 語り合い
17時 終演
18時から20時 交流会
(希望者のみ 25名限定 2500円)

*参加費
前売り 1800円
当日 2000円
学生 500円
(交流会 別途 2500円)

*申し込み お問い合わせ
菅原 ときこ
080-5473-8529
yamane.zzz---@ezweb.ne.jp
きさら みえ
080-5690-1422
m.kisara@ruby.dti.ne.jp

*参加費 振込先
三菱東京UFJ 新横浜支店
(普)0168175 SHOW(ショー)
振込手数料 無料
*主催
[福島は今]を聴く会
*世話人
古屋 和子 、菅原 ときこ



『伊藤だ。』
―造形表現における人体のカッコイイ嘘を探る―

伊藤さん_6-2_のコピー.jpg

2014年7月26日(土) 17:00〜19:00

各大学で生物学、美術解剖学などの人気授業を受け持つ伊藤恵夫氏が美の巨匠たちが描いた嘘を暴く。
観察・理解・効果を考えた上での表現とは?
これぞ世界一受けたい授業!

LinkIconチラシ画像・印刷はこちらをクリック

【場 所】沙羅舎 B1F スタジオ
【参加費】¥2,000 (お食事会参加+¥2,000) 学生半額!
【お申し込み/お問い合わせ】
info@sarasya.com



スワーミー・メーダサーナンダ師 特別講話
《瞑想ってなに?》

6月いのちの学校_スワーミー2_のコピー.jpg

坐禅や瞑想、したことありますか。 そもそも瞑想とは ? なぜ、するのでしょう。
今回は日本ヴェーダーンタ協会よりスワーミー・メーダサーナンダ師をお招きし、瞑想をテーマに語っていただきます。
瞑想についてはもちろん、日頃 疑問に思っていることを インドのお坊さんに質問できる貴重な機会です。 どなたでもお気軽にご参加ください。
6 月 28 日 ( 土 ) 17:00 ~ 19:30
講演後にはスワーミー・メーダサーナンダ師も同席されるお食事会もございます。

チラシ画像・印刷はこちらをクリック

【参加費】¥2,000 ( お食事会参加+¥2,000 )
【場 所】沙羅舎 2F 和室 ※外階段よりお入りください


MATSUSHIMA&KATAOKA ダンスコラボレーション《舞遊》

ダンスコラボ4 のコピー.jpg

『愚者の祭り ―路上の神話 』
作・演 松島 正祥
全ては路上に在りし、無にして生きよ。遊行を好み、都会 の隠者の如く生きる風狂のダンサー松島正祥が、モーツア ルトのレクイエム、マーラーの 5 番アダージェットの調べ に乗って、人間のドラマを熱く演じる、約 45 分のソロパー フォウンス 愚者の祭り―路上の神話 The Fiesta of the Folly― The Mythology in the Street 今や、半世紀近く踊り 続けている松島。そして近年、氏が好んで踊り続けている、 愚者の祭り。氏のお手並みや如何に。乞う、御期待。

『ワレヲワラフ 』 ―おかえりただいま小宇宙探検隊
作・演 片岡 通人 / キーボード MOKO
‘67 よりダンサーとして活動を開始。舞踊作家としても認 められ、アメリカ公演やユーゴスラビアのバレエ団に作 品を振付けるなど国際的に活躍。日本人としての新しい モダンダンスの確立を目指し、独創的な舞台を展開して いる。舞遊空間「うごきのワークショップ」主催。
「長年生きてきて、今の私をワラってみたいなと思う。 悲しみは収縮作用、喜びは拡大作用。できることならワ レと出会い ワレを味わい ワレを拡大したい。」

チラシ画像・印刷はこちらをクリック

【日 程】2014年6月15日(日) 
【時 間】第一回公演 13:00〜
第二回公演 17:00〜
(※懇親会 19:00〜)
【会 場】沙羅舎 B1F
    JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
【参加費】¥2,000 / 食事会+¥2,000


関野吉晴氏トークイベント『風のひと、土のひと』

5月 関野先生.jpg

チラシ画像・印刷はこちらをクリック

日時: 5/25(日) 17:00~ / お食事会 19:00~
場所: 沙羅舎 B1F
   JR三鷹駅南口より徒歩7分。1Fカフェよりお入りください。
参加費: ¥2,000 / 食事会+¥2,000 (学生半額)

 


『人を結ぶ 自然共生社会を目指して』

フクシマ原発事故の放射能は国を越えて拡がる。中国のPM2.5 は日本にも飛来します。
地球の壁はなく、ひとつの有機体です。生きる場である地球の環境を考え市民レベルで
交流し国を越えた生命のつながりを持つことが大切と考え、日本や台湾からもゲストが
参加しプレイベント・「東アジア地球市民村2014 in 上海」が行われました。まず東アジアが
繋がり、そして世界に発信すべく…。今回はその報告会を兼ねて活動を語っていただきます。



【日 程】2014年4月27日(日) 
【時 間】16:00〜18:00 第一部 東アジア地球市民村2014 in 上海 報告会 
      中野民夫、大友映男、小林志夫、片岡通人 他
     18:00〜20:00 第二部 パフォーマンス 
      陳志鵬 回( 自然養育センター)、チャーリー宮本 他
     20:00〜 お食事会
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【参加費】¥2,000 ( お食事会参加の場合プラス¥2,000)
【お申し込み/ お問い合わせ】
    [Tel&Fax] 0422-41-8617 ( 沙羅舎1F 心泉茶苑)
    [Mail] info@sarasya.com 
    [HP] http://www.sarasya.com
【後 援】 三鷹いのちと平和カツドウ CS ネット企画


渡辺 京 先生 トークイベント 多様・異質・共生

京ちゃん2.jpg

明星学園前校長であられる、渡辺 京先生をお招きしての気軽なトークイベントです。
明星学園の生徒、父兄、卒業生の皆さんはもちろん、今初めて明星学園の名前を知っ
たという方もぜひ。一人一人の個性が認められのびのびと学生生活が送れる明星学園
で経験された様々なことを通して、メッセージをいただきたいと思います。明星スピ
リットをどう活かしていくのか。素敵な発見があることでしょう。

チラシ画像・印刷はこちらをクリック

【日 程】2014年3月29日(土) 
【時 間】開場16:30 開演17:00
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【参加費】講演会  大人 2,000円 学生フリー
     (+お食事会 大人2,000円 学生1,000円)


うごきのワーク&いのちの学校 だんす まんだらく


1.うごきのワーク
 五行盆踊りを踊ってみよう、自分の身体の要素を感じることを知る
2.ダンスパフォーマンス
「身体をトコトン味わう」〜微細から無限へ〜
 片岡通人によるソロダンス公演



【日 程】2014年3月1日(土) 
【時 間】17:00〜
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【参加費】講演&写真上映会 2,000円

★講座終了後、1F「心泉茶苑」にてお食事会(懇親会)があります。こちらもぜひご参加ください。
◎参加費別途…2,000円(お食事+飲み物代込)<要予約>


「 伊勢神宮、 式年遷宮の八年間の撮影を経て 」
写真家・稲田美織氏による講演&写真上映会!

「この遷御の儀には、私たちの目の前で行われたお祭りだけでなく、
今までの六十一回分の式年遷宮すべてが重なって存在していた。
千三百年間の時と人々も思いも、目の前に繰り広がっているのだと感じた。
そしてそれは、同時に未来の私たちに繋がってゆくものでもあった。
永遠に続く美しい未来に向けて。
私は、日本の根幹が祈りであることを心から感謝した。」




【日 程】2014年1月25日(土) 
【時 間】15:30開場 16:00開演
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【参加費】2,000円

★講座終了後、1F「心泉茶苑」にてお食事会(懇親会)があります。こちらもぜひご参加ください。
◎参加費別途…2,000円(お食事+飲み物代込)<要予約>

「The 12th anniversary 追悼レミー・シャーリップ」
 We love Remy Ⅱ 沙羅舎祭

「11年前、沙羅舎とコラボレーションしたレミー・シャーリップ氏、
 彼は絵本作家であり舞踏家でした。
 今回の沙羅舎祭では、レミー氏を偲び彼の振り付けたエアメールダンスを再び上演します。
 初めて彼を知るあなたも、10年前を知るあなたも、レミーの世界を楽しんで下さい!
 天国のレミーへ、そして皆様に、日頃の感謝をこめて。」




【日 程】2013年9月28日(土)、29日(日)
【時 間】28日(土)14:30開場 15:00開演29日(日)15:30開場 16:00開演
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【参加費】2,000円

★講座終了後、1F「心泉茶苑」にてお食事会(懇親会)があります。こちらもぜひご参加ください。
◎参加費別途…2,000円(お食事+飲み物代込)<要予約>

 新潟・阿賀野川流域に暮らす人々の逞しい生命が描かれた傑作ドキュメンタリー
「阿賀に生きる」佐藤 真 監督作品

「20年振りにニュープリントされた16ミリフィルムでの上映&
 故・佐藤真監督に代わって丹路さん(監督夫人)、澪さん(御息女/明星卒業生)の
 スペシャルトークショー決定!」




【日 程】2013年6月8日(土)
【時 間】16:30開場
【会 場】三鷹・沙羅舎B1 「舞遊空間」 (入口は心泉茶苑)
【料 金】上映会:大人 1,200円/学生 フリー
     お食事会:大人 3,800円(アルコール込み)/学生 1,000円

「忘年(齢)会」

--ダンスパレード--

重ねた年月が紡ぎだす動きの妙味
酸いも甘いもすべてが味わい、今あることの素晴らしさ
ダンス・ダンス・ダンス!

【日 程】2013年12月28日(土)
【出演…池内 新子/青木 健/片岡 通人/神 雄二/藤里 照子/真島 恵理之他】

「身体内に埋蔵された全宇宙」

ハタヨーガの開祖ゴーラクナータは、「個人の身体内に全宇宙体系を体験するヨーギ( ヨーガ行者) は、身体を完全に知る者である。」と述べています。
物理的に考えれば、個人の身体内で全宇宙を体験することは矛盾しています。
しかし、人間が世界を理解するときに用いる意識( 心や知性の原理) を拡大させることができるならば、その意識は全宇宙の体験ばかりか、それを超えた領域さえも体験可能となります。
ハタヨーガ技法は、身体を構成している肉体の精妙なエネルギーを解放させることで、意識を拡大させます。
意識が拡大するとき、人間の個人の身体内で全宇宙が体験可能となるのです。



【日 程】2013年11月23日(土)
【講師…抱一(ほういつ)】

「目から鱗のメディカルアロマ」


こころにからだに何か困ったときとっても助けになる癒しのアロマ。
純粋なエッセンシャルオイルには漢方薬の何十倍もの薬草成分が入っていると言われています。
この講座では無農薬で化学成分が一切含まれていないドテラ社のオイルを使って心と身体の家庭でのケアーを学びます。
講座の中でたくさんのオイルケアーを体験しますので、日々の疲れの癒しも兼ねてご参加ください。
シンプルで簡単で心地好いオイルケアーを一緒に学びましょう。

【日 程】2013年10月26日(土)
【講師…吉本ふみ子】

鍼灸マッサージ師(癒しの泉治療室)。
アロマケアー、鍼灸、エネルギーヒーリングの治癒とする他各地でアロマケアー、お灸クラス等を行っている。
バーバラブレナンヒーリングスクールで2 年間学ぶ。
2011 年からスタッフをしていた助産院で純粋なドテラ社のオイルに出会い、多くのクライアントの目覚ましい心身の改善を見る中でアロマセルフケアーの講座に特に力を入れている。

「式年遷宮・日本文化の原点をみる」


写真家 稲田美織氏による写真と講演
伊勢神宮の遷宮までの過程をみることで、全てに神が宿るという意識、
太陽や水を尊び稲作で生きてきた循環を重んじる日本文化の本質に迫ることができるように思います。
光溢れる稲田美織氏の写真を通して、神宮の神聖な空気を感じわたしたちの可能性に気付いてみませんか。

【日 程】2013年7月20日(土)
【講師…稲田 美織】

「“自然”を愉しむ 〜布を活かしたものづくりから暮らしのエネルギーまで

染色・衣装作家として活躍中の藤井智佳子さん。
震災後改めて原発に頼る生き方に疑問を持ち、自ら東京電力との契約を解除してしまいました。
現在は自家発電での生活を楽しまれています。
その暮らしかたと奥に秘められた自然への思いを語っていただきます。
作品も何点かお持ちいただく予定です。
藤井智佳子さんの世界をぜひ一緒に楽しみましょう!

【日 程】2013年6月22日(土)
【講師…藤井 智佳子】
北海道生まれ。1987年3月〜9月中南米を旅する。
1988年〜東京、京都、横浜等でバスケタリ—、ニッティング、ウィービングなどを学ぶ。
1989年〜主に首都圏のギャラリー・デパートのイベントなどで作品を展示販売。
2011年9月1日東電との契約を打ち切り電力自給生活を始める。

「いのちの出会い」


インターナショナルで、エコロジーワークを基にした生活共同ハウス【ミルキーウェイ】、当時の食品添加物や原発等に疑問を持ち、自然な生命に向かうべく新しい提案として行動を起こした徒歩での日本縦断【生存への行進】(1979-1980)、日本古来の療法【手技】、中国武術【太極拳】、縄文精神等を考え学ぶ【くにうみまつり】、シンガーソングライターとしての音楽活動… 
これらを通して培った精神性や貴重な出会いについてお話していただきます。
また、手技の体験もございます。



【日 程】2013年5月25日(土)
【講師…大友 映男】

「わたしはなぜ生きているのか?」


人生に意味はあるのだろうか?
わたしに生きていくうえで役割はあるのだろうか?
インドの僧侶であられるスワミ・メダサーナンダ師に
「なぜわたしは生きているのだろうか」をテーマにお話していただきます。



【日 程】2013年4月27日(土)
【講師…スワミ・メダサーナンダ】





「ハタ・ヨーガを体験してみよう」
− 身体・生命エネルギー・意識(心)の調和と目覚め −

昨年10月「いのちの学校」で、「ハタ・ヨーガ〜月と太陽の結合〜」と題して、ハタ・ヨーガの歴史や実践内容をお話しさせてもらいましたが、今回はハタ・ヨーガの実践技法を参加者全員に実際に実践していただき、その効果や結果を直接体験し、味わっていただきます。
ハタ・ヨーガの基盤は身体で、身体の扱い方(技法)を通じて生命エネルギーや意識(心)が調和し、いのちのより高度な能力が目覚めます。
例えば、腕をゆっくり上にあげると、身体の内部の生命エネルギーが上昇しながら拡大し心は目覚めて明瞭になります。
腕をゆっくり下げると、身体の内部の生命エネルギーが下降しながら安定し、心はリラックスします。
鼻の片方を指で閉じ、左鼻腔だけで呼吸すると、心が透明に目覚め、右鼻腔だけで呼吸すると身体の元気が目覚めます。<br>
今回は安全で健康に役に立つ、どなたでも実践できるハタ・ヨーガの簡単な技法を紹介いたします。
身体と生命エネルギーと意識(心)の調和と目覚め、いのちの広大な可能性をぜひ直接体験してください。



【日 程】2013年3月23日(土)
【講師…抱一(ほういつ)】

「素舞」〜アキオキムラと片岡通人のソロダンス。
そして2人の身体がぶつかり合う、祈念の舞。〜


素舞とは素、つまり大元の、基本の、裸の舞であり、実は相撲である。
身体から溢れでる、滲みでる、輝きでる"何か"を表現したいと思います。
スペシャルな2人の舞を是非ご堪能ください。



【日 程】2013年2月23日(土)
【出演…アキオキムラ/片岡通人】

●アキオキムラ…ジョンキョウヤ派ジャズバレエカンパニー(現TOKYOZA)出身。作品「デュオ」「ももたろう」「オンリーユー(真夜中の午後)」「木と私」「和と合」他。

「水の旅」− チベット タンラ山脈へ〜中国雲南省〜蘇州〜上海 −


未来の私たちに残すべき、美しい水と旅してきました。
3つの大河が、併流する雲南省、また、チベット自治区にある、
アジア10億人を支えるその三本の河の源流である、タンラ山脈にも行きました。
日中間で最も大変な時期(今年の8月、9月)と言うタイミングでしたが、
それらの写真を、中国 蘇州と上海で展覧会で、発表する事ができました。
長江の源流から、上海の河口まで、大いなる水と旅をしてきました。
現在は日本人は、入国できなくなっている、チベットの9月の時点での写真もスライドとお話で、お伝えします。



【日 程】2013年1月26日(土)
【講師…稲田 美織】